精力剤に含まれる成分「オルニチン」の勃起効果をチェックしよう

オルニチンを飲めば勃たなくなったのが改善される?

オルニチンを飲めば勃たなくなったのが改善される?

オルニチンはアミノ酸の一種の成分であり、体力アップの効果が期待できると言われています。

 

そのため、体力の衰えによって勃起しない状態に陥っている方は、オルニチン配合の精力剤を摂取することによって勃起しない状態からの改善効果を期待することができるでしょう。

 

ただし、勃起しない状態からの改善効果を実感したいのであれば、オルニチンの成分単体ではなく、アルギニンやシトルリンなどの成分を一緒に摂取したほうが効果的と言われています。

 

なお、精力剤の多くにはシトルリンとアルギニンが配合されていますので、それほど気にしなくても良いかもしれません。

 

また、オルニチンにはその他にもさまざまな効果が期待できると言われています。

 

つまり、オルニチン配合の精力剤を摂取することでさまざまな効果を実感できる可能性があるのです。

 

以下でオルニチンに期待できるその他の効果と過剰摂取による弊害をまとめていますので、ぜひご参考ください。

 

オルニチンに期待できるその他の効果

二日酔いの予防効果

アミノ酸成分の一種であるオルニチンには、二日酔い予防の効果が期待できると言われています。

 

そのため、最近ではオルニチン配合の二日酔い予防サプリメントが増えてきているようです。

 

では、なぜオルニチンに二日酔いを予防する効果が期待できるのでしょうか。

 

それは、オルニチンが肝臓の代謝を活発にするサポートをするためです。

 

肝臓の働きが活発になれば、アルコールが肝臓で素早く代謝されるようになりますので、二日酔い予防効果になると言われています。

 

成長ホルモンの分泌促進効果

オルニチンに期待できる効果のひとつとして、成長ホルモンの分泌促進が挙げられます。

 

成長ホルモンの分泌は20歳頃を境目に落ちていくと言われており、これが健康や美容の衰えにつながるといわれていますので、いつまでも健康で若くあり続けるためには成長ホルモンの分泌をサポートする成分を積極的に摂取しなければなりません。

 

つまり、オルニチン配合の精力剤には勃起しない状態からの改善効果だけでなく、健康や美容のサポートも期待できるというわけです。

 

勃起効果を求めている方もそうでない方も、毎日の健康と美容を気にする方はぜひオルニチン配合の精力剤などをお試しください。

 

オルニチンの過剰摂取による弊害

オルニチンは医薬品に主に使用される成分ではありませんので、副作用が発症する心配はありません。

 

ただし、オルニチンを過剰摂取すると胃痛や下痢などの症状を引き起こしてしまうリスクがあると言われています。

 

オルニチン配合の精力剤を摂取するのであれば、目安摂取量は必ず守りましょう。


関連ページ

アルギニン
アミノ酸の成分の一種であるアルギニンには成長ホルモンの分泌をサポートする働きがあるため、アルギニン精力剤を摂取することによって勃起しない状態が改善される効果が期待できます。
シトルリン
シトルリンには勃起しない状態の改善効果が期待できます。シトルリン精力剤を摂取することで勃起効果の他にもさまざまな効果を実感できるでしょう。